窓の結露対策はどうしたらいいの?

寒い時期に窓が結露してカビが生える。カーテンもしょっちゅう洗わなければいけない。結露がひどくて悩んでいる人も多いようです。 ガラスだけではなくサッシや窓枠も濡れてしまい、家が傷んでしまいます。 カビが発生することで、アレルギーやアトピーの原因にもなるのでお子様がいるご家庭は注意が必要です。 結露はどうして、おこるのでしょうか。どうしたら結露しない窓になるのかご紹介します。

結露はどうしておこるの?

氷水のコップと結露は同じ原理
結露はどのような状態になるとおこるのでしょうか。 結露は外と室内の温度差と湿度に原因があるのです。冬は室内に加湿器を置いたり、鍋をしたり、洗濯物を中で乾かしたりと湿気が発生します。外は寒く、室内は暖房で暖かい。2つの条件が重なると窓に結露が発生します。 つまり、氷水が入ったグラスに水滴がつくのと同じ現象なのです!

結露対策はどうしたらいいのでしょうか

答えは窓のリフォームです

結露は氷水が入ったコップと同じ現象なのです。つまり、冷えにくい窓にすることが結露対策になるのです。 今後のコストや健康被害を考えると窓をリフォームすると断然お得なのです。
窓をリフォームオススメの理由には他にもあります。
  • 暖房費がかさばる
  • キッチン足元が冷える。
  • 朝のリビングが冷えきって寒い。
  • お風呂に入るとき寒さを感じる。
これらは窓が解決します。 窓から約半分もの熱が流出します。
冬の寒さだけではなく、夏の暑さ対策にもなります。

寒暖差がない家にしてみましょう。