冬は怖いヒートショック

実は交通事故でなくなる人より家庭内事故でなくなる人が多い

家庭内死亡事故の多くの原因は、部屋間の温度差!入浴死は推定14,000人

冬は「ヒートショック」にご注意
寒い時期衣類を脱いだ瞬間ブルっと感じる温度差は血圧変動を起こします 。 それを「ヒートショック」といいます。 急激な温度差は「リビング室温」「脱衣所・浴室温度」などで、ヒートショックが起こりやすいのです。 ヒートショックによって、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞が引きおされて死亡事故につながっています。 高齢者が死亡する原因の4分の1を占め、実は交通事故で亡くなる方より多いのです。 特に高齢者は十分に注意が必要です。
平成21年
  • 交通事故 7,309人
  • 家庭内事故 12,873人
「ヒートショック」は家の温度差が原因
ヒートショックはお伝えしたとおり、「リビング室温」「脱衣所・浴室温度」などで起こります。温度差はなんと「10℃」を超えると言われています。入浴する際、リビングの暖房で温められた体から冷たい脱衣所にて血圧が上がります。寒い浴室に入り更に血圧が上昇。その後、熱いお風呂へ入ることによって、急激に血圧が下がりヒートショックが起こるのです
heatshock
ヒートショックのない快適生活・節電対策にも!
ヒートショックをできるだけおこない生活はどのようにすればよいでしょうか 熱のおよそ半分は窓から逃げています。つまり、窓の断熱が重要なのです。窓のリフォームによって、夜になって外気温が下がっても温度差を少なくすることができます。つまり、安全で快適な生活になり、無駄な暖房をおさえ節電!一石二鳥です。
熱放出割合

熱は窓から逃げていく