快適な生活は窓から

窓・サッシとは

その困りごと、きっかけは「窓」ではないのですか?お個室で過ごしていて、冷暖房の効きが悪いなあと感じたり、外音がうるさかったりする事はないのですか?他にも、結露が見過ごせない方も多々あるのではないでしょうか。
室内と屋外をつなぐ「窓」は、光を採りいれ風通しを良くするだけでなく、断熱処理性・防音性・防犯性などの有る無しによって、住居の性能性と心地よい性に大きく係わっています。
つまり「窓」の改修は、多様な問題の決着に繋がるのです。

窓サッシのお悩み

窓改修を行う事によって、どのような面倒が解消するのでしょうか?その解消手法をご解説します。

結露・断熱・日射対策

窓の断熱処理性を高める事で気温差から現れてする結露防止、断熱処理による水道光熱費の大幅節減、日射を遮る事で室内温度の上昇を防ぐ事ができます。「窓」は、家屋の中で最も熱の出入りが大きいところ。 熱は温度が高い方から低い方へ置き換えするため、真夏は熱い外気が室内に流れ込み、真冬は室内の暖かさが外に逃げてしまいます。

防音

騒音は壁や天井からも侵入しますが、圧倒的に窓からの侵入が多くなります。 二重窓にしたり、複層ガラス等に取り替えする事で、騒音の決着や、住居から漏れ出す音を和らげるする事ができます。

防犯

破られにくい防犯ガラスに取り替えしたり、二重窓にする事等で防犯影響を発揮します。 空き巣トラブルの約6割が窓からの侵入です。侵入手段は「ガラス制覇し」と「閉め忘れの窓から」がおおよそを占めます。

これらのほかにも、通風、採光、防風・暴雨対策など、暮らしに関わる多様な事が窓サッシリフォームで解消します。

窓の交換

窓・窓枠ごと改修します。 省エネ影響を持つ新しい窓にリフォームします。 窓枠ごと取り替えるため、他の技術と比較して断熱処理性が高く、そして断熱処理性の高い窓枠を用いれば、より影響が向上します。 なお、集合ハウスの事例は、実施にあたり管理規約を見定めしましょう。 改装の技術としては、今あるものの窓・サッシの上に新しい窓枠をかぶせる「カバー工法」と、 今現在の窓サッシを撤去して窓ごと取り替える「はつり工法」があります。 ★カバー工法が現在は主流になってきています。 「カバー工法」は、壁を壊さずに施工が可能なため短期間で施工が済みます。

内窓の設置

今現在の窓を使用にして、内側にもうひとつ窓を新設します。 現時点での窓の内側にもうひとつ窓を据え付けして二重窓にします。 断熱処理影響が高く、あわせて防音、防犯成果もあります。 内窓は単板ガラスでも十分断熱処理成果が得られますが、「複層ガラス」の窓枠にすると、いっそう影響が高まります。 その上、二重窓になるため開け閉めの手間が増加し、片付けが大変と感じる方もいます。 わりと造作なくな施工のため短期間ででき、経費もあまりかからない事から、高評価の高い省エネ改装です。

ガラスの交換

ご使用の窓枠枠からガラスを外し、性能性ガラスに入れ替えます 最も余裕な省エネ改装で、短期間ででき、コストもお値打ちなので、ふんだんにの窓を改装するケースに推奨です。 防犯や日射対策など目的に当てはめてガラスのタイプを選べます。 しかし、ガラスの性能しか向上しないため、影響は限定的になります。 年季の入った窓枠のケースは、ガラスの取り替えができない時もあるため、用心しましょう。 さらに、ガラスによっては取り替えにより重量が増すため、可動ところやレールに負担がかかります。