東京都練馬区にある窓・サッシ・玄関ドア・エクステリア・フロントの専門店-リフォームから新築まで-

窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子

寒い時期は窓の見直し

拭いても拭いても【窓掃除が終わらない】結露・カビ・ダニ

投稿日:

結露・カビ・ダニ

拭いても拭いても【窓掃除が終わらない】冬場や梅雨時には、窓ガラスにびっしりと結露が。 毎朝拭き掃除に追われて、ついつい放置。結露をそのままにしておくと、シミやカビ・ダニの発生の原因にもなってしまいます。ダニやカビは、アトピーやぜんそくになる可能性があります。また、家自体を腐らし悪影響を及ぼす危険性もあります。家の窓をしっかり断熱することで、結露を抑えることができます。

インプラス 結露カビダニによるぜんそくアトピー

なぜ結露は発生するのか

冬は乾燥しているのにどこから水はくるのでしょうか

結露

結露は氷が入ったコップと同じ状態
家の空気中には意外にも水分は多くあります。お料理をしたり、お風呂のお湯だったり、加湿器を使っているなど、目には見えないですが、水分は飽和状態にあります。空気は暖かければ暖かいほど水蒸気をたくさん含みます。特に冬はお部屋の中は寒いからと窓を開けたり、換気をしなかったりと空気が動かない状態だと結露は発生しやすくなります。ですが、それだけでは結露は発生しません。問題は温度差です。外の温度と家の暖房がかかったお部屋の温度差が原因なのです。冷たい氷が入ったコップを置いておくと、コップの表面に汗をかいたように水滴ができますよね。つまりその状態が窓におきてしまうのです。1枚のガラスだと、その温度差により外の外気によって冷やされ温度差ができてしまい、結露が発生してしまいます。

湿度は高くても低くても、リスクが発生。

湿度40%以下になると乾燥のしすぎで、ウイルスが活発になり、風邪をひいたり、インフルエンザになる危険ゾーンに。一方、湿度60%以上では湿度が上がるほど、カビやダニが発生しやすく、アトピーやぜんそくになる危険ゾーンになります。冬は特に湿度を40%~60%に調節をすることで、健康的に過ごすことができます。

家の窓をリフォームすることで断熱になり、結露を抑えることができます

断熱で防結露

結露は冷たい外の温度に窓が暖かい部屋の温度で暖められ、結露が発生します。ですので、屋内の窓が冷やされなければ、結露は発生しません。ガラスを二枚使った複層の断熱窓は、断熱構造のガラスとガラスの間に空気層を作り、外の冷気を室内に伝わりにくくする仕組みです。これは内窓を付けることでも同じことが言えます。つまり、断熱窓に変えると。古い家の一枚きりの単板ガラスよりも、複層のガラスを使った「断熱窓」や「内窓」にリフォームすれば、外の温度に影響することなく、結露を抑えることができるのです。

すきま風があるなら、今すぐ窓のリフォーム

建付が悪い

家が古くなり、出入り口ドアや窓の建付が悪くなると、気密性が低くなって、すきま風が入り込み室内が寒くなってしまいます。パッキンの老朽化や窓やドア自体のゆがみがきっかけで、開け閉めがしにくくなります。 「窓が重い」などと感じるのはこのため。重い窓や揺れつくドアの開け閉めだけでもストレスを感じますので、気密性が高く、軽々と開け閉めが可能な窓やドアに変更して、心地よいで暖かな人生を手に入れましょう!

おひさまを効率よく取り入れ、暖かいお部屋づくり

LOW-Eクリア

太陽の光と熱を暮らしに生かすために、基本的な日差しの特性を知ること。季節や時間帯による太陽の高度や方位、日射量を考慮し、彩光計画を立てることが快適な暮らしのポイントです。おすすめするリフォームは冬の暖かい日差しをたっぷりととりこみ優れた断熱効果を発揮できるLOW-Eクリアガラスです。 晴れた日であれば、南側の窓から差し込む日差しの量は、驚いたことに夏場(8月)の約2倍。 真冬は太陽の高さが低いので、個室の奥まで日差しが届くという良いところもあります。 南側の窓を大きくしたり、LOW-Eクリアガラスに改装したりする事で、より太陽の日差しの暖かさを取り込めます。

★例)約10m²の窓の面積を、約20m²まで広くとれば、電気ストーブ3台分くらいの違いがあり、大きなメリットです。

リフォームは簡単!

簡単施工

窓リフォームは皆さんが思うほど大変ではありません。壁をこわさず、足場も組まず、室内作業のみで施工を完了できるリプラスなら、たった半日でリフォームが完了します。

窓のリフォームをおすすめする理由

岩崎硝子の施工事例を見る

窓サッシ岩崎硝子事例

玄関ドア

玄関ドア

エクステリア

エクステリア実例

ビル・店舗

ビル店舗事例

-寒い時期は窓の見直し
-, , , , , , , , , ,