東京都練馬区にある窓・サッシ・玄関ドア・エクステリア・フロントの専門店-リフォームから新築まで-

窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子

寒い時期は窓の見直し

暖房をつけると【頭がぼーっとする】エアコンを効果的に使う

投稿日:

暖房で頭がぼーっとする

暖房で頭がぼーっとするお部屋が寒くついつい設定温度が高めになります。でも、足元は寒くて頭がぼーっとすることはありませんか。それは、暖房を効果的につかえていません。窓で冷やされた、冷たい空気は下にいく現象がおきます。これをコールドドラフト現象といいます。冷たい空気は壁や床を伝っていくので、部屋全体が冷え込みます。そこに暖房をかけていても効果的には使えません。

頭寒足熱

日本では足湯やコタツなど足元を温める風習があります。昔から「頭寒足熱」が浸透しているのにもかかわらず、窓から冷たい空気が下へと冷え込むのにそのまま住んでいる家屋に違和感があります。受験シーズンですが、頭がぼーっとして、家では集中できない!というのは窓のせいかもしれません。気温が25℃超えると作業効率が落ち始め、25℃から1℃あがるごとに2%おちるのだとか。学習効率を高める室温環境を窓から。部屋全体の温度を均一にすることで体感温度も暖かくなり、必要以上の暖房を使用することがなくなります。
コールドドラフト現象

窓から熱が逃げていく

窓から半分熱が逃げていく
窓はおおよそ半分の熱がにげていく場所になります。つまり、窓を断熱すると想像以上にお部屋が暖かくなるのです。内窓をつけて二重窓にすることで、お部屋全体の断熱性が大きくアップ。暖房熱を効果的に保つことができます。また、無駄な暖房費がかからないので、かなりの節約が期待できます。暖房費の節約

すきま風があるなら、今すぐ窓のリフォーム

建付が悪い

家が古くなり、出入り口ドアや窓の建付が悪くなると、気密性が低くなって、すきま風が入り込み室内が寒くなってしまいます。パッキンの老朽化や窓やドア自体のゆがみがきっかけで、開け閉めがしにくくなります。 「窓が重い」などと感じるのはこのため。重い窓や揺れつくドアの開け閉めだけでもストレスを感じますので、気密性が高く、軽々と開け閉めが可能な窓やドアに変更して、心地よいで暖かな人生を手に入れましょう!

おひさまを効率よく取り入れ、暖かいお部屋づくり

LOW-Eクリア

太陽の光と熱を暮らしに生かすために、基本的な日差しの特性を知ること。季節や時間帯による太陽の高度や方位、日射量を考慮し、彩光計画を立てることが快適な暮らしのポイントです。おすすめするリフォームは冬の暖かい日差しをたっぷりととりこみ優れた断熱効果を発揮できるLOW-Eクリアガラスです。 晴れた日であれば、南側の窓から差し込む日差しの量は、驚いたことに夏場(8月)の約2倍。 真冬は太陽の高さが低いので、個室の奥まで日差しが届くという良いところもあります。 南側の窓を大きくしたり、LOW-Eクリアガラスに改装したりする事で、より太陽の日差しの暖かさを取り込めます。

★例)約10m²の窓の面積を、約20m²まで広くとれば、電気ストーブ3台分くらいの違いがあり、大きなメリットです。

窓のリフォームは簡単リフォーム

簡単施工

窓リフォームは皆さんが思うほど大変ではありません。壁をこわさず、足場も組まず、室内作業のみで施工を完了できるリプラスなら、たった半日でリフォームが完了します。

窓のリフォームをおすすめする理由

岩崎硝子の施工事例を見る

窓サッシ岩崎硝子事例

玄関ドア

玄関ドア

エクステリア

エクステリア実例

ビル・店舗

ビル店舗事例

-寒い時期は窓の見直し
-, , , , , , , , , , , ,