窓サッシ・窓まわり

内窓

更新日:

いまある窓に内窓を取付けて二重窓に。

1窓約60分のかんたん施工で窓の断熱性が高まり住みやすさがぐんとアップします。

内窓 かんたんマドリモプラマードU 【YKK AP】
インプラス【LIXIL】

内窓が快適の秘密

その1(夏の暑さ問題)

家の暑さはおおよそ70%窓からやってきます。つまり窓の断熱性能がアップすれば、住まい全体の断熱性能はグンとアップするのです。暖冷房費も大幅にダウンして家計にも環境にもやさしい。そんな快適な住まいをお届けします。

家の暑さの流入
空気層で暖冷房効率アップ!

空気層,ペアガラス

既存の窓と内窓の間に空気の層がうまれ壁の役割となり、防音、断熱になります。

その2(窓の結露の問題)

窓の結露

結露軽減 外気によって冷やされるガラスやサッシ。これに室内の空気が触れると空気中の水分が水滴となって結露が発生します。結露は住まいを傷めるだけでなく、カビやダニ発生の原因にも。そんな問題もインプラスが解決。効率よく掃除もできて、快適空間に変わります。

なぜ結露ができるのでしょうか

コップにはいった氷水に水滴が付くのは結露と同じ現象

身近な結露はコップにはいった氷水に水滴が付く現象です。 暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ、余分な水蒸気が水に変化します。 これが結露になります。温度が低いと結露しやすくなりますが、水蒸気の量が少なければ結露はおこりません。 反対に温度が高いと結露の気がかりは少なくなりますが、サウナのように限界量を超えた水蒸気があると、結露をおこしてしまいます。 このように結露は温度と水蒸気の量のバランスで生じるのです。

不快な結露の発生を大幅に抑えます。

既存の窓と、内窓の間に生まれる新しい空気層が室外と室内をしっかり隔てる構造に。大きな断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑えます。

結露をおさえて快適生活

その3(騒音の問題)

騒音は窓で防げる

防音効果 熱と同じように、多くの音が窓から入り、窓から出ています。住まいを取り巻く音、あるいは住まいから生まれるさまざまな音を遮断できれば、暮らしはもっと快適になるはず。音の気にならない静かで心地良い暮らしを、インプラスで実現しませんか。

気になる音を入れない、出さない。

騒音

赤ちゃんはテレビの音や喋り声、外からの音にすごく敏感で寝ていてもすぐ起きるし、眠たいときにもなかなか眠れず、昼寝や夜に寝るときも自分のペースで生活できません。内窓をいれると交通量の多い騒音を図書館なみの静かさになります。

あっという間にリフォーム完了

スピード施工 今ある窓の内側に窓枠を取付けるだけだから、1窓あたり約1時間で工事は完了。外壁や柱に手を加えるような大がかりな工事も必要ないため、戸建てだけでなく、マンションにもおすすめ。工事が短期間で済むので、費用も抑えることができてお手軽です。 1窓1時間で内窓完了

-窓サッシ・窓まわり

Copyright© 窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.