おすすめ情報

賃貸の空室率対策におすすめ

投稿日:

空室が増えて困った大家さん・不動産屋さんへ

リノベーション物件なのになかなか空室がうまらない。お客様の人気設備は何だろうか?今入っているお客様にどんなサービスをしたら良いのだろうか?設備の更新を出来るだけ安くしたい。など様々ありますが、一度窓を見直してはいかがでしょうか。

リノベーションに付加価値を

窓をリフォームしてみませんか

空室の窓には、基本的にカーテンなどはついていません。そのため、内見のお客さまが室内に入ると、窓がダイレクトに目に飛び込んでくることになります。いくらリフォームしても、窓サッシが古いとお部屋の雰囲気も損ないますし、お部屋が暗い、明るいもダイレクトに伝わります。窓から湿気や冷気・熱気も入ってきますので、ジメジメして雰囲気がわるい。「冬は寒い。夏は暑い。」となると、エアコンの効率も悪いですし、住み心地が悪いと判断されかねます。

窓のみなおし

窓をかえてみると明るく風通しのいいお部屋になる事例もあります

暗いお部屋は窓が原因かもしれません。下記は実際にリフォームした窓です。窓を大きくしたり、風通りも大きくかかりました。さらに、ペアガラス仕様で、断熱性がちがうので、冷気も熱気もリフォーム前とは大違い。換気ができず、暗かった三段窓から上下FIX窓と引違窓の段窓へ改修しました。
窓のリフォーム前ケース01

BEFORE

窓のリフォーム後ケース01

AFTER

断熱性のある窓に変えることで、冬暖かく、夏は涼しく快適なお部屋に

暖めた空気を冷やさない。冬の快適さを保つカギは「断熱」にあります。断熱性を高めると、光熱費もCO2排出量もセーブできます。室内温度が設定温度通りにならないのは、室内外の熱の出入りが主な原因。家の断熱性が低いと、暖めた空気が外に逃げてしまうため、温度差ができてしまいます。健康的に快適なお部屋にすることで、暮らしやすいお部屋になります。リフォームすることで、お部屋のアピールポイントにもなります。

寒さ・暑さは窓からやってきて、健康被害をもたらします

夏の暑さは窓から

熱中症で救急搬送される人は、年間約5万人。 そのうち4割は、家の中で熱中症になっています。

冬の寒さは窓から

ヒートショックとは、暖かい部屋と冷えた部屋との温度差で血圧が乱高下し、心筋梗塞や脳卒中を起こすこと。その死亡者数は、交通事故による死亡者数の約3.7倍です。

快適な生活は窓から

工期もない場合もOKです。

窓のリフォームのよさがわかっても工期もないし、すでに住んでいるかたもいるので、大掛かりな工事もできないと諦めている場合も問題ありません。窓リフォームは皆さんが思うほど大変ではありません。壁をこわさず、足場も組まず、室内作業のみで施工を完了できるので、たった半日でリフォームが完了します。 カンタン窓リフォームで、快適・安全な理想の暮らしを実現しませんか?

1日で簡単リフォーム

見積もりをしてみてください

予算の問題もあると思います。必要最小限の予算で最大の効果を上げる自信があります。他社とぜひ比べてみてください。自社施工の強みです。例えば、メーカーで注文すると、採寸、取付、コーキング、ガラス工事がそれぞれ別会社が施工するので、それぞれの会社で手数料が発生し弊社の3倍になることあります。見積もりをしてみて比べてください。
自社施工だから安心
岩崎硝子は自社施工なので手数料がかかりません。
ご納得ご安心価格!

岩崎硝子の施工事例を見る

窓サッシ岩崎硝子事例

玄関ドア

玄関ドア

エクステリア

エクステリア実例

ビル・店舗

ビル店舗事例

-おすすめ情報

Copyright© 窓・サッシのリフォーム|岩崎硝子 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.